Welcome, visitor! [ Register | LoginRSS Feed

Premium WordPress Themes - AppThemes
 

$1,367.00

 昨夜、赤ん坊の骸が浮かんでいたどぶ川に違いない

  • Listed: November 11, 2014 5:29 pm
  • Expires: This ad has expired

Description

 歌声のような音色を聴きながら、あたしは鬼として生まれた。 すすり泣くような、悲鳴のようなあの笛の音は、今も覚えている。 耳に残るというより、肌で覚えている。音が、絹のようにこの肌に触れ、撫でたのを、覚えているんだ,ポータークラシック。 この肌に、あの音が触れた。「……っ」 身震いする。 そういえば肌寒い,トラポーター。 自らの頬に手を当ててみたところ、思いのほか、頬が冷えていることに気付いた。 古臭い思い出話に、随分と長い時間を費やしてしまったようだ,ワールドポーター。いつしか秋の日はとっぷりと暮れて、生温く吹いていた風も熱を冷まして流れている,PORTER バッグ。 抱えていた膝を伸ばして立ち上がり、早くも賑わう桃色通りを見下ろす。こうなって来ると、あたしの格好で街中を歩いていてもさほど目立たない。あたし以上に派手で煌びやかな恰好をした奴らが出て来たり、路傍に突っ立ってる看板の方が目立つようになるからだ,PORTER 財布。 今夜もこの街並みに埋もれ、ピンキリの人間共の百面相を見ながら、面白おかしく時間を潰そうか。 今夜はどんな面白い奴らを見られるだろうか、と、ぺちゃんこの草履を鳴らして足を踏み出しかけたところで、ふと記憶が過る。 自分の出で立ちを思い返したりしていたせいだろう。 昨夜、どぶ川で死んでいた赤ん坊のことを思い出した。 きっと今朝になり、誰だかが川面に浮かぶ赤い月に気付いて、大慌てで人を呼んだりしただろう。今頃でもまだ人が大勢、あのどぶ川を囲んでいるに違いない。 丸裸の赤ん坊はきっともうすでに、冷たい水の中から掬い出されているはずだ。 見に行ってみようか,ワールドポーター。 人の郷をあちこち見て回ってるあたしにとっちゃ、決してそれは珍しい光景じゃないんだが、山ほどの人間達が渋い顔してああでもないこうでもないと喚いてひしめき合っている姿を眺めるのは、それなりに気を引かれる,PORTER バッグ。 昨夜どぶ川に行き着いた時の記憶を辿りつつ、立っていた屋上の角先から、飛び降りた,ポーター 店舗。「ありゃ?」 虫屋から見ると南。 何の変哲もない、物静かな住宅街、そこを流れる汚れた水路。 昨夜、赤ん坊の骸が浮かんでいたどぶ川に違いない,ポーター 店舗。辺りの夜景も川の生臭さも、確かに昨夜と同じものである。間違えて別の場所に立っているわけではない。あぁ、ただ、立っているその足場は、昨夜と違い、川沿いの鉄柵ではなくて、人家の屋根の上という違いはある。 だが妙だ。 川は昨夜と同じ、あたし以外誰の姿もその汚れた川面に映すことなく、気怠げにもろもろと流れて行くばかりだ,PORTER 財布。
相关的主题文章:

http://salonwy.com/bbs/ShowPost.asp?ThreadID=168

http://rocnews.cc/plus/feedback.php?aid=510

http://friend.chinatmf.com/site/?action-viewcomment-itemid-26

Ad Reference ID: 6345461e50403d42

335 total views, 2 today

  

To inquire about this ad listing, complete the form below to send a message to the ad poster.

Sold Ads